yu00’s blog

プログラミングに関する備忘録です

QLabelクラス

PyQt5入門 PythonでGUI作成 - yu00’s blog

QLabelクラスは文字または画像を表示するクラスです.

QLabelの作成

サンプルコード

#! /usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-

import sys
from PyQt5.QtWidgets import QApplication, QWidget, QLabel

if __name__ == '__main__':
    app = QApplication(sys.argv)
    window = QWidget()
    
    label = QLabel('Label', window)
    
    window.show()
    sys.exit(app.exec_())

実行例

f:id:yu00:20150916205805p:plain

文字の変更

label.setText('my-text')

またリッチテキストと呼ばれる書式を使い,HTML形式で書くこともできます.

label.setText('<h1>my-text</h1>')

f:id:yu00:20150916210641p:plain

画像の表示

QPixmapを使い画像を表示できます.

from PyQt5.QtGui import QPixmap
...
label.setPixmap(QPixmap('my-image.png'))

数値の表示

数値を文字として表示できます.

label.setNum(1.23)

枠線の表示

QLabelが継承しているQFrameの関数を使い枠線が表示できます.

from PyQt5.QtWidgets import QFrame
...
label.setFrameStyle(QFrame.Box | QFrame.Plain)

f:id:yu00:20150916212156p:plain

文字の表示位置の変更(右寄せ,下寄せなど)

from PyQt5.QtCore import Qt
...
label.setAlignment(Qt.AlignBottom | Qt.AlignRight)
広告を非表示にする